68

ギボンが初めて人工心肺を使った心臓手術に成功してからの年

dreamstime_xxl_216335101.jpg

1953年5月3日アメリカ人医師ジョーン・ギボンは人工心肺を使った心臓手術に世界で初めて成功しました。最初の成功例はセセリア・バボレックという18歳女性で、心房中隔欠損症の診断でした。それから68年の年月が流れ、人工心肺装置・手術法の改良により安全に心臓手術が行われるようになりました。現在では年間100万件以上の人工心肺を使った開心術が世界中で行われています。